カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

芋焼酎 倉津 720ml

黒麹特有の香りと甘み、旨みの濃さが特徴

芋焼酎 倉津 720ml


黒麹焼酎復活の立役者となった「NK菌」を使用した焼酎です。
黒麹特有の香味の濃厚さを持つ38度の原酒を
-4℃まで冷却し、じっくり熟成するまで眠らせることで、
芳醇な香りと甘み、旨みがさらに際立ちます。
総杜氏黒瀬安光氏の60数年の経験が光る骨太な焼酎です。
お湯割り、もしくはロックでお召し上がりください。
味に柱がありしっかりしていますので、薄めのお湯割りでも、
若干熱めのお湯でも風味が壊れません。
本格芋焼酎をこよなく愛して下さる方々の味覚に十分お応えできる仕上がりです。
濃く飲んでも、薄く飲んでも旨い焼酎が倉津、
皆で飲めば賑やかに、一人で飲めば幸せに、それも倉津の味わいです。


蔵元:鹿児島酒造(鹿児島県)
原材料:さつまいも、米麹(タイ産米/黒麹) アルコール度数:25度

1800mlはこちら

芋焼酎 倉津 720ml

価格:

1,300円 (税込)

ラッピング:
のし:
のし名入れ:
メッセージカード:
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ



杜氏の中の杜氏 黒瀬安光

昭和12年2月27日、鹿児島県川辺郡笠沙町黒瀬杜氏地区にて生まれます。
昭和27年より焼酎造りの第一歩を踏み出し、福岡/長崎/大分/宮崎
そして鹿児島のいろいろな原料で焼酎造りを学びます。

平成19年酒造年度で杜氏歴55年の経験を生かして、さまざまな製品を開発し
今も新たな味を求め、挑み続けています。

時は明治、薩摩笠沙の「黒瀬」という集落から焼酎造りの技を所得するため
琉球に渡った男たちがいました。

その黒瀬から技を得た男たちが、季節になると
九州一円の酒造場に出かけ杜氏として腕を振るったと云われます。
彼らは「黒瀬杜氏」と呼ばれ、焼酎造りの一切をまかされてました。
機械化が進んだ現在、杜氏たちの経験に頼る手作り焼酎は減りつつあります。
その本流の焼酎造りの技を、体で覚えている数少ない杜氏が、この「黒瀬安光」杜氏なのです。

「黒瀬安光」杜氏は、他の蔵の杜氏が焼酎造りにいきづまったとき
困った時には、快く相談を受けるなど多くの杜氏から慕われ
「杜氏の中の杜氏」と呼ばれています。

鹿児島酒造にて
 

ページトップへ