• 四季桜 大吟醸酒 1800ml
四季桜 大吟醸酒 1800ml

価格:5,500円(税込)

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼

注文

ラッピング:
のし:
のし名入れ:
メッセージカード(名刺サイズ):
購入数:
在庫 あり

お気に入りに追加済

【四季桜について】
岩手県盛岡市(南部杜氏協会)出身の市川次雄杜氏を中心に
約10名の蔵人で編成されている蔵です。
鬼怒川の伏流水を仕込み水に、山田錦・五百万石・美山錦・あさひの夢などを原料とし
口に含んだ時の柔らかさと喉ごしの良さが特徴です。
創業当初は「四季の友」と銘していましたが、
古人が詠んだ「酒なくして何のおのれが桜かな」に題を発し、
二代目が詠んだ「月雪の友は他になし四季桜」に因み「四季桜」と改名しました。

【沿革】
明治4年(1871年)、栃木県河内郡平石村柳田に
初代・今井五郎左衛門氏が前身となる今井酒造店を創業。
第二次世界大戦時、物資統制令により休業。
昭和22年(1947年)復活。

【受賞歴等】
・「大吟醸 万葉聖」が日本航空国際線ファーストクラス搭載酒に採用
・国税庁主催全国新酒鑑評会において6年連続金賞受賞
・インターナショナルワインチャレンジ(IWC)SAKE部門で金賞を受賞
・「はなのえん」「はつはな」が『日経ビジネス』地酒ベスト10でそれぞれ1位、2位を獲得

【信条】
「たとえ小さな盃の中の酒でも、造る人の心がこもっているならば、味わいは無限です」
これは酒造りに情熱を燃やした今井源一郎前社長が
昭和58年、45歳で亡くなる半年前に話した言葉です。
宇都宮酒造では、この言葉をモットーとして酒造りに取り組んでいます。

【蔵の様子】


槽(ふね) 釜と甑(こしき) 精米器